2020年春夏ファッショントレンド キーワード別【テキスタイル】

2020.01.23 (木)
kurosye nitto kattowa-ku

2020年の春夏のファッショントレンドの予測をしています。コレクションで目立っていたファッション傾向をキーワードに分けて、ポイントをまとめています。今回は3回目、「テキスタイル」についてまとめます。

 

 

テキスタイルは、素材が原料であるならば、素材を加工したものです。たくさんの糸を混ぜて織り上げたツィードなどが想像しやすいかと思います。2020年春夏においては、以下の2つをご紹介します。
 
1)クロシェニット
 
クラシカルでレトロ感のあるかぎ針編みのニットが、多くのコレクションで見られました。手作業風、手編み風、と適度な透け感が表現されています。衿や袖などのように一部に使うのではなく、全体がクロシェニットのアイテムです。大胆に前進クロシェニットを提案している、クロシェニットが主役になるのも珍しいなと思います。ロングジレ&ニットロングパンツのセットアップなどは新鮮な提案です。ベーシックな着こなしに、クロシェニットのベストを足したりするだけで今年らしさが出るので、取り入れやすいかなと思います。
 
メゾンマルジェラでは、素材にパンチングで穴をあけて手をかけた表現をしているアウターを提案しています。これも手仕事風、というところでクロシェニットの流れの提案であると思います。
 
 

2)フリンジ
 
クロシェニット同様に、手間暇かけたクラフト感のある素材として、フリンジが出てきました。ハットやかごバッグ以外にも、ハーフパンツの裾やトップスの裾に取り入れているメゾンが多くありました。ディオール、レジーナビョウで使われています。
 
 
ちょっとひと手間掛けたもの、特にクロシェニットは、いろいろなアイテムで全体的にも部分的にも取り込まれていくでしょう。春が楽しみですね。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 2020年春夏ファッショントレンド キーワード別【テキスタイル】

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP