大人の女性のおしゃれコーデ

30代からのスタイルは気品が大事

 

20代のときに気に入っていたブランドの服を10年変わらずに愛用している、という方がいらっしゃいます。
いまの年齢に相応しく落ち着いた服を着なくちゃ、なんて言っていたらファッションは楽しくありませんよね。本当にそう思います。いくつになっても、自由に好きなファッションを楽しんでいいと私は思います。お気に入りのアイテムを大切に使う。これは素晴らしいことです。年齢に相応しい、なんて言っていたらファッションは楽しくありませんよね。
 

しかし、長く愛用しているその服は、今のあなたに似合っていますか?
 
最近は、女性も美容の意識も高まって、スタイルを保ちいつまでも若さを保っている方が多くなりました。とても素敵なことです。そして、一方では「若作り」スタイルの妙齢の女性たちも気になってきます。お気に入りのファッションで街を歩いていた時に、後ろを振り返ったら、「なんだおばさんか」と言われたというエピソードを笑い話として良く耳にします。
 

もしかして、自分もかも。。好きな服を自由に着ていたら、痛々しい残念な人と見られるかもしれない、これって自分のことかも!とちょっと身につまされる話だと感じる方もいるかもしれません。40代、50代になり、私も痛々しい若つくりファッションと思われているんだろうか、と不安に感じる方もいるのではないでしょうか。カウンセリングのご相談のなかでも、30代後半になったあたりから少ししずつ20代の服を着ることに違和感を覚えるという方がいらっしゃいます。いったい、何を着ればよいのかわからなくなると言われる方が多いです。
 
好きな服を着るのは、主観を大切にしたもので、つまりは自分のためです。おしゃれの欲を満たしたものです。一方で、年齢を重ねるにつれて何を着ていけばいいのだろう、と悩むことは、客観を意識したもので、これは周りの方に気を配る、身だしなみを整える、というものです。どちらが良い悪いということではありません。ファッションを楽しむなら、好きな服を選ぶことは悪いことではないのです。しかし、あなたがなりたい自分、目指している自分はどうありたいのでしょうか。どう見られたいのでしょうか。

 
 

大人の女性のおしゃれは気品が大切

 

答えの一つとして、私が思っていることは、「大切なのは、今のあなたに似合うのか」です。
若いときに気に入っていたブランドやテイストが、今似合うのか。気に入っていても、思い入れがあっても、大切な思い出の品についても、昔に着ていた服が、今の成長した自分に合うかどうかです。
 

人生の経験を積み、知識を得て、知らなかった世界を知って、楽しみが増えて、やってきたことに対する実績とか自信を得た今のあなたに
似合うのは、若いときから愛用している服なのでしょうか。若いときと今の魅力は違っています。20代のときには無かった、身についていなかった知性や寛容さ、経験と知識などたくさんの魅力が今のあなたには備わっているのでないでしょうか。
 

私は、30代からの大人の女性の魅力に必要な要素のひとつは、「気品」だと思っています。もちろん、気品は内面から出てくるものだと思いますが、外に向けて「気品」を表現するのに、わかりやすいものとして、1点でいいので、本物を取り入れることをお勧めします。
それは有名なブランド物を買いなさい、ということではありません。例えば、偽物のアクセサリーをたくさん買うのであれば、本物のジュエリーやパールのネックレスを1つ持つ。アクリルのセーターを買うのなら、カシミアのセーターを選ぶ、などです。
 

本物は長く使えます。そして上質なものを取り入れると、大切に使うことができます。本物を身に着けると、自分が上質なものに相応しいと認識することができます。そうすると、自分で自分を一層大切できるのだと思います。
 

他にもおしゃれのコツをまとめた小冊子を無料でプレゼントしています。大人の女性に相応しいスタイリングのポイントについて書いています。ぜひご覧ください。
 

おしゃれのコツ無料PDFはこちら⇒

お名前 *
メールアドレス *

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP