orange y’sとは

%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%a8%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9

 
 

頑張っているのに、認められない。

 

そんなあなたが、自分らしく輝く。カラーとファッションが、あなたが一歩前にすすむための気づきをもたらすかもしれません。orange y’sは、ファッションを通して、頑張る女性がワンランクアップするきっかけを作るお手伝いをしたいと思っています。

 

私は、大手アパレルメーカーに勤務していました。25年会社員として働く中で、強く感じたのは社会は「男性優位」であることでした。会社の中でも外でも男性が優先されていて、男性は男性というだけで信用があり、その一方で、女性は女性ということで不利益を被るようなことがありました。大学を卒業するまでは成績が良いものが順位が上です。とてもクリアな環境でした。社会もまたクリアな判断基準のままに力を発揮していく場所であると思っていました。しかしそれは、違いました。社会に出て、いままでは感じなかった男女不平等を、少しずつじわじわと感じるようになっていきました。そしてそれは自分が想像した以上に根深いものでした。

 

とりわけ、対外的な営業という職種だった時期には、女性を見下すような態度を取られることが多くありました。女性ということで「担当を変えてくれ。女性の営業はお断りだ。」と顔を合わせて挨拶をする前から拒否されたり、男性の担当を連れてこいと言われながら名刺を折られてその場で捨てられたり、新規開拓のために訪問した店舗からは塩をまかれたりしたこともありました。
思い出すとつらくなるほど腹立たしいことを言われたり、嫌な思いもたくさんしました。

 

不条理を感じながら、「これが現実の社会だ。仕事をする場面においては男女は決して平等ではない。」と痛感しました。そして認識しました。そうです。社会においては男女は不平等なのです。私は男女不平等を認識したうえで、男性に引けをとらない、というよりもそれ以上の成果を出していこうと思いました。信用や腕力ではかなわなくても、女性ならではの気配りを強みとして丁寧な対応を確実にしていこうと心がけました。行動することで信用はついてきます。結果、担当した取引先には大変可愛がっていただき、会社を退職した今でもお付き合いの続いているお取引先もあります。

 

きっと、社会に出て働いている限り、私と同じように苦しい思いをしたり、悩んだりしている女性は多くいるのだろうと思います。それでもその中で、より自分を発揮したい、輝きたい、前に進みたいと悩みながら働く女性を、頑張っている女性を応援したいと思いました。

 

営業の仕事を通して、取引先となる洋服の販売店を回り、たくさんのお客様、様々な年代に渡るたくさんのお客様と接する機会に恵まれました。その中で、培った経験・知識、支持されてきたスタイリング術をフル活用し、色を生かしたコーディネートを提案します。また、男性社会の中で、不条理や不公平を感じ悔しい思いをしてきたこと。パワハラの経験から、同じような環境の中で働く女性の気持ちがわかること。同じ体験をしている人はもちろんいないのですが、同じように取り巻く環境に苦しんでいる方が、楽しく前向きに進んでいくことに、私の経験がなにかの役に立てばと思います。

 

ファッションは女性の魅力を引き出してくれる強い味方です。お洋服のお悩みカウンセリングやパーソナルカラー診断を通して、自分の魅力を知って、認めて、そこから頑張るあなたがワンランクアップするためのきっかけを作ることができるなら幸せです。

 

オレンジ色はフレッシュなイメージがあり、大好きな色です。JOY,喜び、楽しみという意味を持っています。orange y’sを略して「OYS」。これはon your side あなたの味方という意味を込めています。頑張るあなたを応援します。お困りごと、ご要望をしっかりとお伺いします。30代~50代の女性のスタイリングをご提案します。

 
 


池袋 都内のパーソナルカラー診断はオレンジワイズ

 
 

 

 
 

かんたんプロフィール

 

DSC02815toriming
高橋 禎美 takahashi yoshimi
orange y’s(オレンジワイズ)代表
 

 

大学を卒業後、昔から好きだったファッションに関わりたいと思い、大手アパレルメーカーに就職。カスタマー対応の部署では、トラブル・クレームの元となった原因を探り、解決するため、繊維製品に関する知識を学びました。その後、営業として取引先を担当。店舗運営、売上拡大、顧客管理、ディスプレイ、イベント提案などの多岐に渡る仕事の中で、ファッションとは切ってもきれないカラーについて学び、色彩検定の資格を取得。担当する取引先の店舗でたくさんの女性、さまざまな年代の女性のお客様に対して、スタイリングの提案を繰り返し行った実績があります。

 

2011年、東日本大震災が起こりました。石巻に住む両親は無事で安堵しましたが、自宅は津波の被害がなかったものの、大損害を受けています。そして街全体が変わりました。いつまでも変わらないと思っていたものがなくなるのです。私はこの地震をきっかけに自分の仕事について考え始めました。自分が一生関わっていきたいこと、好きなことを仕事にして、人の役に立ちたいと。

 

ファッションは女性の魅力を引き出してくれる強い味方です。似合う色、そして似合うスタイルを伝えて、女性が一歩前に進むお手伝いがしたい、という思いから、パーソナルスタイリストとしてのサービスを立ち上げました。

 

トレンドを追いかけることだけではない、ご本人が心地よく感じるおしゃれを提案できるように心掛けています。

 

・パーソナルカラーアドバイザー
・AFT色彩検定1級
・パーソナルカラープロコース終了
・ファイナンシャルプランナー(CFP)
・一種証券外務員
・明治大学サービス創新研究会 研究員
 

 
facebookはこちら

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP