着回しアイテムに活かす似合う色、カラー診断

美人はどんな色も似合う?

 

 

「美人は何色を着ても似合うわね。」「肌の色なんて気にしているより好きな色を着たほうが、自分らしさが出て、きれいに見えるわ。」
これって、本当にそうなのでしょうか。
 

例えば。ピンク色は女性を優しく、柔らかく穏やかで可愛らしく見せてくれる色です。女性にとって取り入れたい色ですね。しかし、どのピンクでも良いというわけではないのです。人によって、似合うピンクが違うんです。サーモンピンクが似合う人もいれば、マゼンダのようなピンクが似合う人もいます。そして、サーモンピンクの似合う人はマゼンダは調和しない(似合わない)と思われます。この2色は両方ともピンク色と言われますが、2色とも似合うという人は、とても少ないと思います。つまり、この2色に調和する方はそれぞれのボディカラーのタイプが違うのです。
 

私はピンクが似合うの!という方がいますが、それは厳密にいうと少し違います。その人の言う、私はピンクが似合うの⇒私はピンクが好き。なのです。みなさんにとって、似合うピンクがあり、逆のピンクもあるのです。そして、もちろん他の色にもあります。
 

持っているボディーカラー(お肌の色、瞳の色など)に調和している色味のお洋服は、その方を美しく見せます。その効果は
・肌が明るくトーンが上がって見える。
・健康そうにいきいきした印象になる。
・肌の透明度が上がる。
・しわやくすみなどが目立ちにくい。
・フェイスラインがはっきりとして、シャープな印象になる。
・目の下、鼻の脇、口元の影がうすくなる。
・ほうれい線が目立ちにくい。
・若々しい印象。
・洗練されて見える。
・その方の雰囲気に合っている。

などがあげられます。
 

その逆に、調和しない色味を身に着けていると、どうでしょうか。

・黄色くくすむ。
・赤ら顔、もしくは顔色が青みがかって血色が悪くなる。
・老けて見える。
・疲れて見える。
・太って、ぼやけた印象。
・ほうれい線が目立つ。

などなど。
 

この効果については、お客様が体感してくださっています。
 
◇お客様のお声 (抜粋)
・好きな色と、合う色は違うということ。不思議と色の違いだけで顔色の印象が変わってしまうのはスゴイ。
・色の理論にそって、似合う色を見つけられた。
・その人に合わせた、似合う色の取り入れ方のアドバイスが丁寧でためになった。
・質問に答えてもらいながら進めてもらったので解りやすかったです。
・いままで試したことのない色も、似合うことがわかって、これからは取り入れないのがもったいないと思った。

 
 
芸能界で活躍している方のなかで、スタイリストを付けている方が多いのですが、その中でも、この人はカラー診断に基づいて服の色(主にトップスの色)を選んでいるな、と見てわかる方もいます。スタイリストさんが優秀なのだと思いますが、依頼している本人の意識が高いのだと思います。自分の魅力の表現の仕方を知っていて、大事にしている素敵な方だなとつい、ひいき目に見てしまいます。
 

私たちは普段の生活の中で、多くの人とコミュニケーションをとってふれあっています。会話でのコミュニケーションは大事ですが、ファッションもまた大事です。視覚を通して感性に働きかける色と色の組み合わせによって、「人は自分を表現し、相手の人となりを判断」しています。あなたも色の効果を味方につけて、最高の印象を演出することができます。

あなたを引き立てる色を知りたくありませんか?
 

パーソナルカラー診断の詳細はこちら 

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP