[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 冬のニットだけじゃない!案外できている毛玉はどうする? - 女性をワンランクアップさせるスタイリングの専門家

冬のニットだけじゃない!案外できている毛玉はどうする?

2021.04.14 (水)

服に出来てくる毛玉。みなさんは、ご自分の服に毛玉が出来ているのを見たことありますか?

 

実はどんな素材でも、毛玉ができる可能性があります。毛玉はピルといい、毛玉ができることをピリングといいます。どうして衣類に毛玉ができるのかというと、摩擦されることがその原因になります。
 
 
着用しているときや洗濯によって、摩擦を受けると繊維の表面が毛羽立ちます。毛羽立った繊維たちが絡まっていき、毛玉(ピル)が出来上がります。
繊維が柔らかいものはとくに毛玉ができやすいのですが、特にやわらかいとされるアンゴラやカシミヤやラムの毛は、毛が絡まって毛玉になってもお手入れで毛玉を落としやすいし、自然に脱落していくこともあります。
 
いっぽうで、繊維のなかにポリエステルやアクリルなどの合成繊維が混紡されていると、天然繊維100%の場合に比べて糸の強度が高くなります。このため毛玉が切れて脱落しにくい傾向があります。つまり自然に落ちていかないで、いつまでも衣類の表面に毛玉が残っていることがあります。
 
 
さて、毛玉ができないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。
まずは、着用したらブラッシングをすることが大事です。ほこりやごみを取り除くことが出来ますし、着用している間の動きによって、擦れた部分の毛羽立ちを整えることが出来ます。
 
 
そして、いよいよ毛玉が出来てしまったら、ハサミでカットします。他の生地や糸を切らないように注意して切ります。市販の毛玉取り器を使うのも良いと思います。
 
 
 
昔、アパレルメーカーでクレーム対応の仕事をしているとき、「ピリング」についても多くのお申し出いただいていました。「高価なカシミアのニットを買ったのに、毛玉が出来た」とご立腹の方も少なくありませんでした。
値段が高いからといって、お手入れしないでいつまでもきれいに着用できる、ということはありません。素材の特性を知って、きちんと取り扱って大事に着て欲しいなと思います。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 冬のニットだけじゃない!案外できている毛玉はどうする?

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP