[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. レーヨンと私のワンピースのはなし - 女性をワンランクアップさせるスタイリングの専門家

レーヨンと私のワンピースのはなし

2021.04.20 (火)

レーヨンという素材があります。

 

レーヨンは天然の素材ではありません。原料は木材パルプから取り出したセルロースを溶かして原液にしたもの(ビスコースといいます)を繊維にしたもので、ビスコースレーヨンと言われたりします。セルロースを再生している作り方なので、再生繊維というくくりになります。化学繊維のなかの再生繊維というジャンルに属します。
 
 
さて、レーヨンは「絹、シルク」をマネして作られた繊維です。シルクの美しい光沢に憧れて、その光沢がでるようなものを作ったのです。シルクは高価なので、シルクっぽい見え方をする、つまり廉価版がなんとかできないかと色々考えて生まれました。
 
レーヨンはフランス語で「光るもの」という意味があるそうです。
 
特徴として、まずは光沢、美しくきらめく糸なので、ドレスやブラウスなどに使うと上品で高級感が出ます。染色がしやすい、という特性もあるので、色も豊富につけることができます。
 
そして、何といってもドレープ性に優れているのがポイントです。ドレープ性とは、カーテンのひだのように揺れる様のことです。着用しているときの動きに合わせて生地が柔らかくなびくので、洋服の美しいシルエットを表現することができます。
 
 
いっぽうで、レーヨンには弱点があります。
水に弱い、というのが難点です。水をこぼしたりすると、シミになりやすいです。水によって縮む特性があるので、水をこぼしたところだけ縮み、そこがシミになったように見えるのです。
 
もうひとつ、これが問題ですが、シワになりやすいという特性があります。
 
昔、気に入って買ってもらったワンピースが、レーヨン素材のものでした。ウエストから下の部分が、3センチほどの幅のプリーツスカートというデザインでした。光沢があって、ふわりとなびくそのワンピースが、とても気に入っていたのですが、一度着たらプリーツスカートのプリーツが、ぐちゃぐちゃになってしまうのが難点でした。
 
根気よく着用する前にアイロンでセットするのですが、着用している中で座ったりすると、それでダメになってしまうので、だんだん着るのがおっくうになってしまいました。
 
 
今のレーヨンは、改良されているので、私のワンピースほどのトラブルは起こらないと思います。でも、根本(原料とか作り方とか)は変わらないので、このレーヨンの持つ特性を知ったうえで、着用して欲しいなと思います。
 
たいせつな洋服です。どんな素材とも仲良く、すてきな洋服の着こなしをしていけるといいですね。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: レーヨンと私のワンピースのはなし

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP