6月のファッション市場レポート  ヤングカジュアルブランド

2020.06.11 (木)
%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%ab

非常事態宣言が解除されて、6月に営業再開した都内のレディースアパレルが、店頭でどんな打ち出しをしているか、レポートしています。

 
今回はヤング市場のフェニミンブランドについて。
 
N. Natural Beauty Basic(エヌ)、JILL by JILLSTUART(ジル バイ ジルスチュアート)、COCODEAL(ココディール)などのフェニミンスタイルを提案するブランドでは、夏を前にワンピースが主役となっていました。
 
無地でシンプル。そして色目は今年らしい淡い色、ダーティなくすみ色が多かった印象です。淡いパープルやくすんだ水色やピンクが目立っていました。また、袖はふんわりとボリュームを持ったパフスリーブが主流です。女性らしさが一層際立つデザインです。
 
ワンピースには、今年らしい2つのキーワードが見られました。
1)レース素材
総レースで清涼感のあるエレガントなお嬢様風ワンピース
2)ティアード
ティアード(切り替え)のワンピースが複数のブランドで提案されています。切り替え部分でギャザーを入れていたり、ウエスト部分にはシャーリングを施したり、ベルト風に切り替えたデザインが目立っていました。
 
 
ぱっと目立つような柄や色目に乏しくて、おとなしい印象の店頭でした。2か月近く店頭展開できなかったアパレル業界ですので、なかなかMD戦略が難しいというか、2か月の展開が見えていたならば、新鮮に見えたのかもしれません。これから盛り返していくといいですね。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 6月のファッション市場レポート  ヤングカジュアルブランド

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP