[REQ_ERR: 403] [KTrafficClient] Something is wrong. Enable debug mode to see the reason. 2021年の春ファッショントレンドは「衿」がキーワード - 女性をワンランクアップさせるスタイリングの専門家

2021年の春ファッショントレンドは「衿」がキーワード

2021.03.15 (月)

この春のファッション市場をざっとみていたのですが、すぐに大きな変化に気が付きました。今回は、今年らしい素敵なファッショントレンドキーワードをお伝えしたいと思います。「スタンドカラー」と「ビッグカラー」です。

 

 

春ファッション全開になりました。ペパーミントグリーンやレモンイエロー、ピンクなどのペールトーンのやわらかくて優しい明るい色調のアイテムが、店内に展開されています。季節が進んだのを、視覚的に感じられます。
むかしから私は春の立ち上がりが本当に大好きでした。打ち出しをどうしようか、イベントに絡めようか、どんなディスプレイにするか、店頭のレイアウトはどうするか、シーズン初めにはいろいろとやることが多いのですが、もう心が弾む楽しい仕事です。
 
 
さて、この春のトレンドキーワードは間違いなく「衿」です。この時期のキャリア世代のブランドでは、ブラウスにジャケットやコスプリングコートを羽織らせているスタイリングでのディスプレイが多いのです。そのブラウスには一つの特徴がありました。
 
「スタンドカラー」フリルを付けた「フリルスタンドカラー」が圧倒的に絶対的に提案されています。ベーシックなスタンダードなシャツ衿は、逆に探すのが難しいくらいです。昨年から見かけるようになったニットベスト(ドロップショルダーを意識した大き目のベスト)との相性もすごく良いですし、衿がベストの邪魔にならずすっきりしていて、おしゃれで可愛いです。
テーラードジャケットのインナーとして、スタンドカラーのブラウスを入れていると、やはり新鮮です。衿元はすっきりするのですが、素材が様々で、ふくれ折りやレース素材など首元のデザインがシンプルなだけに、テキスタイルにこだわっているものも目立ちます。
 
 
20代向けのブランドでは、「衿」トレンドの内容が変わります。衿が肩や鎖骨まで覆うような大きさのブラウス、「ビッグカラー」が、旬です。メディアでも、若い女性有名人がよく着用しているのを見かけます。
 

 
世代によって、トレンドとしても表現が変わりますが、どちらもこの春の旬です。お好みで取り入れてみましょう。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 2021年の春ファッショントレンドは「衿」がキーワード

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP