2020年秋冬のファッショントレンドキーワード1 大きな流れ

2020.08.02 (日)
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc

2020年の秋冬のファッションがいよいよ始まります。

 
8月に入ると、店内の奥から秋の新作が並び始めます。見た目にもシックな色合いなので、来たるべき季節を想像させてくれますね。
 
この秋冬には、大きくエレガント志向の流れがベースにあります。2019年秋冬においては「エレガンス回帰」と言われて、久しぶりにウールのキレイ目コートが店に並び、街を歩く人もウールモッサコートを着ていました。上品で素敵なファッションに傾いてきたな、と感じました。それを継いだ今期は、エレガンスが進化しているようです。
パリコレクションなどで注目されたテーマは、「B.C.B.G」でした。
 
トレンドテーマ:育ちの良さを感じるクラス感
B.C.B.G(ベーセーベージェー)は英語でいうとボンシック、ボンジャックでパリの上級階級のライフスタイルを表現したものです。グッドスタイル、グッドクラスの意味になります。2019年の秋冬に起きたエレガント回帰の流れから、いっそうエレガント志向が進んだのが2020年の秋冬です。
具体的には、品の良さや質の良さ。きちんとしたアイテム。ジャケットやコート、ブラウス。スカートはひざ下の丈。ラフ感はない。カシミヤなど素材の質の良いもの。などです。
 
特徴的なものには、シルエットもそのひとつです。シルエットは、80年代のビッグショルダーが継続して取り入れられています。2019年の秋冬からエレガンス回帰としてウールコートが戻ってきていました。2020年春夏には、メンズライクなジャケットセットアップが日本でもトレンドになりました。これに続いて、この秋冬にもジャケットはコーディネートの主軸にたっています。しっかりとした肩、ダブルブレスト、大き目な衿、などが特徴的。肩と対比してウエストは細く太目のベルトで絞り、しっかりマークしたスタイリングが出てくるのではないかと思います。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 2020年秋冬のファッショントレンドキーワード1 大きな流れ

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP