2016秋冬コレクション-4 カラー編

2016.10.10 (月)

今回はカラーについてのレポートです。
2015年の秋冬を振り返ってみると、もう「白」が大流行しましたね。トップスを白に、ボトムも白に、そしてコートも白。全身白コーディネートも出ていました。冬の白って素敵ですよね。それでもいくら流行だ、言われていたって、なかなか白に持っていけない理由もあるのです。冬という季節は、コートを買うときに、いろいろ迷ってもやっぱり無難な黒にしよう!というように、重い色を選ぶ傾向があることも手伝って、全体のコーディネートもシックな色合いに落ち着くことが多いのです。その、冬の季節に白がこんなに認知されて、雑誌や芸能人だけの流行にならず、一般の方たちに受け入れられ着用されていたシーズンを私は初めて見ました。それくらい特殊な、特徴的なシーズンだったと思います。

 

さて、それでは今年の秋冬にはどんな色が流行るのでしょうか。2016秋冬のコレクションでは、黒・グレーがベースになったスタイルが多く見られました。差し色としてはマスタードやサックスブルーが目立っていました。これが日本のアパレル市場でどのようになっているかというと、黒・グレーに対して、サックスブルー、水色が合わせてあるディスプレーが一部で見られました。秋立ち上がり時期についていえば全体的には、茶色~ベージュにかけての色をベースにして、差し色でマスタードやグリーン、シックな深い色目のグリーンがトップス(セーター、カットソー)やプリーツスカートなど注目のアイテムで、多く使われていました。
10月になり、冬に向けて黒・グレーのセットアップやワンピース、ジャケットが多く見られるようになりました。シックでクールな色が本格的に出てきそうです。いずれにしても白スタイルは春夏のシーズンまでで、いったんは区切りがついたのかと思います。これからの冬シーズンは、色を楽しみたいですね。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 2016秋冬コレクション-4 カラー編

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP