洋服販売店で「骨格スタイル診断」ミニセミナーを開催しました

2017.04.27 (木)
1回目rizise

正面2回目risize
 

大型連休に入る前のタイミングで、顧客様を集客したいとのことで、洋服の小売店様からお問合せをいただき、先日店内でミニセミナー(葯50分を11時、13時、15時スタート 各回定員4名 計3回 12名参加)を行ってきました。

 

お客様を大切になさっているオーナー様で、お客様のためになる知っていると得をするような内容が良いとのリクエストでした。
 
私はアパレル販売店でご協力できるメニューとして、
1:カラーコンサルタント
2:スタイリスト
と2つの軸でお客様に対応することができます。
 
今回は、私から「骨格スタイル診断」の基本に沿って「理論として知っておくと良い特徴とお客様ごとのワンポイントアドバイス」をつけたミニセミナーをご提案いたしました。提案内容として、・店内で行うので4,5名を定員として数回行う。・少人数に制限することで、一人一人の診断に時間を取ることができる。・人数限定にすることで顧客様には特別感を感じてもらう。などを挙げました。
 
セミナーのはじめは私からのレクチャーです。その後チェックシートを用いてお客様とお話ししながら実際に関節を触らせてもらい、
簡易的ではありますが、タイプ診断をします。お客様は、はじめは「私は太っているから」「背が低いから」「もう年を取っているから」などと話す方が多かったのですが、3回のセミナーはとても楽しく終えることができました。より良く見せるワンポイントアドバイスは、みなさん真剣に聞いてくださって、やはりお洋服が女性を幸せにする、いつまでもステキに見られたいと思う女性はやっぱりそれ自体が素敵だな、と思いました。
 
 
イベントは、事前の準備が整っていないと効果が上がられないまま終わります。アパレルメーカーの営業時代に、積み重ねた店頭イベントの経験で、イヤというほど思い知らされていることです。
今回も、事前に販売店様とミーティングを重ねて、お互いにアイディアをすり合わせていきました。この時期には販売店の作戦はパンツを販売することでした。話し合いの結果、セミナーではお客様へのアドバイスをトップスの形について絞ってアドバイスをすることにいたしました。トップスを決めて、それに合うパンツを合わせたスタイリング提案をすることが目的です。結果、トップスとパンツのセット販売が多く、当日予算を大きくクリアしました。
 
私にとっての販売店でのイベントの目的は、お客様の満足度を高め、販売店のお客様にとっての価値を高めること。そして、売上をとることです。販売店と私、そしてお客様がwin-winの関係を築くことができると、本当に嬉しく思います。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 洋服販売店で「骨格スタイル診断」ミニセミナーを開催しました

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP