6月のファッション市場レポート  20~30代カジュアルブランド

2020.06.13 (土)
6273bd60c180ac485cb31ec790d30b2a_s

非常事態宣言が解除されて、6月に営業再開した都内のレディースアパレルが、どんな打ち出しをしているか、レポートしています。今回は20代向けの市場について。

 

 

ADAM ET ROPE’(アダムエロべ)、SNIDEL(スナイデル)、Diagram(ダイアグラム)、SLOBE IENA(スローブ イエナ)などの、洗練されていながらも心地よさを感じる感性の高い20代に向けたブランドを見てきました。
&nbsp
 ;
大きく5つのポイントが見られました。
1)ワンピースが多い。そしてティアード。
2)ニットは袖フリル
3)衿は、スタンドカラーがトレンド
4)レース素材
5)刺繍
 
 
アダムエロぺでは、涼し気な透ける薄手の素材のワンピースが提案されていました。ヤング市場同様にティアードが今年のキーワードになっています。切り替えを数段入れています。ブラウスは高さを押さえたスタンドカラーが主流です。袖にはボリュームがあるデザインが目立ちます。
 
スナイデルでは、アシンメトリーの衿開きのニットが見られました。ワンピースはやはりティアードです。
 
ダイアグラムではレース地にアジア風の刺繍をいれたブラウスが見られました。レース地も刺繍も、コレクションで多くのデザイナーが使用していたモチーフです。日本のこの夏のトレンドとして、街を歩く方にも浸透していくのではないかと思います。
 
ユナイテッドアローズやジャーナルスタンダードのセレクトショップでは、ヴィヴィッドな色展開が目立っていました。絵具にありそうな原色の緑、黄色、オレンジ、赤のワンピースやパンツ、スカートが、周りの白、ベージュ、紺ベースの中で鮮やかでした。また、セレクトショップのなかでもブラウスやカットソーの衿はスタンドカラーが多く展開されています。この夏は、スタンドカラーのトップスに注目したいですね。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 6月のファッション市場レポート  20~30代カジュアルブランド

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP