「相続もやもや相談会」。参加者から感想を送っていただきました

2016.12.14 (水)

先日開催した、「相続もやもや相談会」。参加されたみなさんには、「よくわかってすっきりした」「考え方が整理できた」と喜んでいただいています。
相続には、相続人と財産の分割などに関連して、専門性のある知識が必要になります。今すぐに何か問題があるわけじゃないけど、その時になって急に慌てるよりも、心の準備と今からできることを知っておきたいと思われる方はたくさんいらっしゃると思います。
だけど、どこに相談に行けばいいの?セミナーじゃ、自分の場合のことについては教えてもらえないし、かといって専門の人ってどこを訪ねていけばいいの?法律事務所とか税理士事務所?知り合いもいないし。。みなさん、ここまで考えて後回しにしてしまうようです。
そんな風に後回しにしている「ちょっともやもやした不安や疑問」にお答えする場をカジュアルに提案したいな、と考えて始めたのが「相続もやもや相談会」です。

先日開催した、「相続もやもや相談会」に参加されたお客様から、ご感想を送っていただきました。
ご本人様の了承を得て、抜粋したものを公開させていただきます。
 
ここから↓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
私は、ある事をきっかけに相続について考えるようになりました。今回、私のもやもや相談は「身内と揉めない」事。  相続と贈与の違いすら理解していなかった私にとって先日のセミナーは正に『目から鱗が落ちた』という表現が最適だと思います。専門家とは、相談者の悩み事を理解し、分かり易い言葉で相談者に伝え、具体的にどうしたら良いのかを教え悩みを解決する人。正にこういう人かと感心させられた次第です。

 
今回のセミナーでは、法律をどう考え理解し、当然ですが自分の解釈だけで考えない事、そして、立場の違う人から考えた場合はどうなのか、フレームを変えて考える事もでき、将来その場面を迎える私にとって収穫の多い有意義がセミナーとなりました。

 
セミナーに参加された他の方も当初は自分事とは考えていなかった様子ですが、話が盛り上がるに連れ、ご自身にも気付きがあったようで、色々と質問されていました。
古い慣習を自分なりに解釈し、多分、こうのなのでは?と、考えていた事が法律上は全く違う事、現実に起こるかも知れない○○、自分の権利を知らずに放棄していた・・・。 『えっー、そーなんですか!?』って感じです。

 
相続は誰でも身近に起きる事。 『相続』が『争続』にならないように現状を把握しておく事が重要だと考えました。
是非、専門家へ相談される事をお薦めします。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・↑ここまで

 
気がかりなことは、専門家に話してみてはどうでしょうか。お茶を飲みながら少人数でゆっくりとお話しできる機会をこれからも設けていきます。2017年1月はご予約が埋まりました。ご希望があれば、お問合せからお申込みください。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「相続もやもや相談会」。参加者から感想を送っていただきました

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP