8月上旬のキャリア向けブランドの店頭 セールについての考察

2017.08.04 (金)
%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%a5%b3%e6%80%a7

8月上旬の婦人服売り場を見てきました。今回はキャリア向けブランドの店頭についてレポートします。

 

 

全体的に、70%の商品は夏のセール品です。7月中旬までは50%OFFがメインでしたが、8月上旬の今は60%OFFの商品もあり、また、2点買うとさらに10%OFF,などより買いやすい価格に変更されているブランドも多くありました。
 
ブランドごと、もちろん会社ごとにセールについての販売戦略があり、これは個々に違います。
 
アウトレットモールへの出店のあるブランドは、夏セール在庫をセール販売専門のモール店へ移していきます。セール価格を目当てに来場されるお客様へ、販売を集中するのです。特に今は夏季休暇の時期です。集客できる時期に、集客力のある施設に、在庫を集約して販売を強化していきます。
 
また、期日を設定して、別会場でファミリーセールを開催したり、入場者を限定して(ハウスカード会員限定セールなど)を開催したりして、セール販売の売上をたてる、在庫を減らす、換金することをしています。
 
店内にセール品が混じると、どうしても売り場のイメージが損なわれてしまいます。商品の値札を変更する、また、割引率を記載したPOPをラックに設置する、壁に貼るなど、販売価格の安さを視覚的に訴えていくためにごちゃごちゃと煩雑になり、ブランドが打ち出したい世界観が表現しにくく、イメージダウンします。
 
セオリーは、すでにセール品を店頭から外して、店内の商品はすべて秋物新作を展開をしています。館の中で、他のショップがまだまだセール品混在の店頭ですので、ひときわ目立っていました。
 
セールで欲しかったものが手に入ると嬉しいですね。
でも、なかなかその中には気に入るものがなかったり、サイズがなかったり、その色がなかったり、とたくさんのセール品があっても、食指が動かないこともあります。年齢を重ねていくにつれて、量よりも質を大切にするようになると、やっぱり一番気に入ったものを、それだけを手に入れたいと思うようになってきます(※個人差があります)。
 
もちろんセールで買うことは、悪いことではありません。上手にセールも使っていけると良いなと思います。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 8月上旬のキャリア向けブランドの店頭 セールについての考察

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP