6月のレディースファッション、トレンドは何?

2020.06.03 (水)
%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%a5%b3%e6%80%a7

夏を前に、そろそろ梅雨入りしそうな時期になりました。快晴の心地よい時期に外に思いきり出ることができなかったのですが、6月のいま、どんなアイテムが打ち出されているのでしょうか。長い自粛休業から営業再開した百貨店を中心に、市場調査に出向きました。ショップをめぐっていく中で、打ち出しに共通しているポイントがいくつか見られたので、そのポイントについてお伝えします。
 

 
今回は、アイテムについて。商品の中で目立っていたアイテムがありました。
 
一つ目はワンピースです。多くのブランドで、ワンピース比率がぐっと高くなっていました。
大別すると2つあって、ひとつはコンサバディブなタイプです。セオリーでは、無地の麻(麻混か麻風か)のシンプルなワンピースがディスプレイされていました。深いⅤ開きのネック、ノースリーブ、ミモレ丈(ふくらはぎ丈)で程よく身体のラインに沿ったシンプルで美しいシルエットで、余計な装飾がなくて、とても素敵なワンピースを提案していました。お仕事ではジャケットを羽織って、プライベートではアクセサリーで華やかさを加えて、など着こなしのバリエーションが広がるな、と感じました。市場全体を見回してみても、無地、シンプルデザインのワンピースが多かったように感じます。
 
もうひとつがプリントのワンピースです。花柄、ボタニカル柄(植物柄)が台頭していた春先の店頭ですが、幾何柄やストライプ、小さなドット柄などが提案されていました。コレクションで見られていたのがポルカドット(中くらいの大きさのドット柄)でしたが、Y’sで大き目ドットの提案のほかには見かけず。日本のファッション市場ではポルカドットがいまだ取り込まれていないようです。
 
 
また、チュニック丈のブラウスも目立っていました。
単品のブラウスは、素材が透け感が感じられるものに変化しています。刺繍糸に囲まれたところを透けさせているカットレースをつかったもの、素材そのものが薄手のものなど多彩でしたが、これから夏に向けて清涼感のある素材が使われています。胸元や袖口に刺繍をほどこしたフォークロアテイストのチュニックブラウスも多く見られました。
チュニック丈、腰骨が隠れる丈が充実しています。前だけボトムのウエストにインさせて、後ろ側のみ長いままにしておくという着こなし術が、まだまだ継続しています。
 
 
次回、ツインニット、夏スーツについて記載します。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 6月のレディースファッション、トレンドは何?

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP