秋のトレンドは?市場調査から見えたもの その2

2020.09.01 (火)

9月になりました。今どんなファッションが出ているのかを、レポートしています。

 

 

今回はギャルブランドで見つけた着こなし方のご紹介です。
 

この夏を振り返ってみると、街中でも雑誌でも、よく見かけたのが「肩掛け」です。
 

長袖のブラウスやカーディガンを肩に掛けて、袖を結んでアクセントにするという着方です。
基本形は30年くらい前に流行ったタイプです。両肩から袖を出して、前身ごろで袖を結んだ「ディレクター巻き」という着方がありました。TV局のディレクタ―のような業界人風の感じが出て、好き好きがあるかもしれません。石田純一さんがよくやっていました。
 

この夏によく街で見られたのは、ちょっと違っていました。片側の肩の上から片方の袖を出し、袖を使って「たすき掛け」をするのがこの夏の着こなしトレンドでした。
 
 

これの進化系が、秋になって見られました。
長袖のシャツタイプのワンピースを使った着こなし術です。シャツタイプなので、袖には本来腕を通すのですが、袖を通さず、その袖をウエストの位置まで落として、ウエストで結びます。ワンピースをロングスカートとして着用するのです。
 

エゴイストでは、秋らしいチェックのワンピースを展開していました。そのディスプレイで、トップスに秋色のニットを着てそのボトムとしてワンピースをロングスカート風に着せていました。すごく新鮮。
 

 

こういう、新しいアイテム提案ではなくて新しい着こなし術も、楽しいです。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 秋のトレンドは?市場調査から見えたもの その2

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP