吉岡里帆さんを勝手にパーソナルカラー診断しました

2021.01.13 (水)

ときどき、ふと気になった有名人を取り上げて、勝手にパーソナルカラー診断をしています。

 

 

今回は、吉岡里帆さんです。
画像は、年末にある1年の音楽活動を表彰する歌謡祭で、司会をされていたときのものをお借りしています。吉岡里帆さんは鮮やかな赤のドレスを着ていました。
 
 
とても似合っていると思います。肌が透き通るように美しく映えています。吉岡さんは、血色、血管というか血の色をほんのりと感じる肌の色をお持ちです。
 
これはブルーベースの方に当てはまることなので、吉岡さんはブルーベースの肌を持っているといえそうです。
 
 

くすんだサーモンピンクを着ている画像(CMからお借りしました)は、顔色が良くない、というか健康そうな血色が感じられません。これは、相性の悪いイエローベースの色だから。
 
 

こちらのラベンダーはとても似合っています。
  

この3枚の画像で判断すると、吉岡里帆さんは、ブルーベースで、「サマー」の色目が似合います。
 
赤のドレスもいいのですが、ちょっと赤の鮮やかさがきつく見えるのです。彩度を落としたサマーが、優しそうで上品な吉岡さんの雰囲気にあっていると思います。
 
 
似合う色で、印象はずいぶんと変わります。
2021年、似合う色で過ごしていきませんか?
 
パーソナルカラー診断の詳細はこちらです。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 吉岡里帆さんを勝手にパーソナルカラー診断しました

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP