今年のコートは、きれい目のウールコートがステキ

2019.11.10 (日)
ko-to

最近は朝と夜の寒さがきつくなってきました。昼間、天気がよくて日差しの中を歩いていると暑いくらいに感じるのに、夕方から急に冷え込んできます。いよいよ冬用のコートが活躍する時期に入りました。

 

 

今年のコートは、きれい目なウールコートの提案が多いように感じます。
秋の立ち上がりには、フードが付いたマウンテンパーカが新鮮な提案として印象深かったので、カジュアルテイストが強いのかと思いましたが、トレンチコートを経て、今はウールコートが目立っていて、コンサバでエレガントな雰囲気です。
 
毛足の長いウールモッサのコートは、カシミアなど高級な素材を使うと光沢が出て、なんともいえない上品な美しさが表現されます。マックスマーラでは、毎年光沢の美しいウールコートを展開しているので、一度見てみると良いでしょう。
定番の形はシングルテーラードのコートですが、今年はノーカラーでV字に胸元を開けた形が多く見られています。ノーカラーコートは特にめずらしいものではないのですが、ノーカラーでは首周りを丸くカットしたタイプがメジャーでしたので、今年のコートはちょっと目を引きます。
 
久しぶりに、大人のきれい目なコートが探せるシーズンです。良い素材のコートも見つかるでしょう。きれい目な冬のスタイリングに欠かせないウールコートを待っていた方は、ぜひ今年のうちに手に入れたいものです。きちんとした場所に相応しい上品コートは、用意しておくとよいですよ。
 
昨年までもウールコートはありましたが、トレンドを入れたデザインが多かったのです。例えば身幅をゆったりさせて、かつ肩を落として、アームホール周りをゆったりさせた昨年の旬デザインのものが多かったし、その前はダブルブレストの形が多かった。そのまえにはメンズライクなチェスターコートです。
 
そのときのトレンドを入れ込むコートは、それはそれでとてもすてきです。しかし長く良いモノを着用したいと思うときには、選択からもれるかもしれません。
今年は、ベーシックなきれい目ウールコートの当たり年ですので、私もお気に入りを見つけたいと思います。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 今年のコートは、きれい目のウールコートがステキ

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP