あなたは何を選ぶ?2019年秋冬のファッショントレンド

2019.10.13 (日)
boutai

2019年秋冬のファショントレンドが全盛ですね。

 

 

何と言っても「ロマンティック」というキーワードは、外すことができません。とはいえ、ファッションキーワードが毎年変わっていくのを見ても、みんな着ていないじゃないと思う方もいらっしゃると思います。
いってみれば、トレンドキーワードがロマンティックだからといって、ファッション市場全体が「ロマンティック」一色に染まるということにはなりません。
 
ファッションには今年らしさが必要です。
昨年との大きな違い、明らかに今年出てきたトレンド、そして先に行われた一流メゾンのコレクションの流れ、色の傾向など、さまざまなところに今年の日本のファッション市場に影響するものがあります。というよりも、その中で各アパレルメーカーはどのキーワードを取り入れてどんな物を作っていくのかを決めていくので、影響しないわけがないのです。
 
日本で人気のブランドたちはもちろんそのブランドのターゲットがいて、そのブランドの色がありますが、物を作っていく際に、なんのアイティアもないところから作ることはとても難しいのです。
 
コレクションを見て、ここからが勝負になりますが、ブランド内で取り入れられるエッセンスを正しく取り出してこなしていくことが成功すれば、そのブランドはきっと売れるでしょう。
 
 
ロマンティックといってもいろいろな表現が見られています。貴族のような衣装をモチーフにしたロマンティックがコレクションでは活躍していましたが、実際の日本のファッション市場ではではそのまま着ることが難しい場合が多いのです。時代が違いますし。
 
ですので、市場に出ているものは、例えばベルベットのような起毛した素材を、コーデュロイに置き換えたりして、リアルクローズに馴染ませていきます。実際に貴族みたいな恰好をした人が街を歩くのは無理で、それを現代にどのキーワードでどのくらいのこなし方で組み込んでいくのかのさじ加減が大事です。
 
貴族の衣装のように、ブラウスの衿がスタンドでフリルになっていたり袖口もしっかりカフス部分を確保してその先にフリルを
付けたりしたこなし方は、取り入れやすいトレンドになっていく可能性があります。
  
私個人としては、ベロア素材に注目しています。ワンピースなど、大人っぽいデザインで作られているものと出会ったら、欲しいなと思っています。
 
何と言っても秋冬がファッションの楽しいシーズンです。
 
みなさんも、ロマンティックというキーワードの中でどんな今年らしさを表現したいのか考えながらお洋服を見ると楽しいので、やってみてくださいね。お勧めいたします。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: あなたは何を選ぶ?2019年秋冬のファッショントレンド

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP