自分を鍛えておく期間 感染症拡大防止のための自粛で、できること

2020.04.16 (木)

外出を極力控えています。皆さんと同様に、いろいろな制限がかかって仕事にも大打撃を受けていますし、プライベートで人に自由に会えないというストレスもあって、気持ちがモヤモヤしてしまいますね。

 

 

でもそれは、自分だけではないので、ここは何とか考え方を切り替えて乗り切っていきたいと思っています。気持ちがモヤモヤしたままでも、今だからできることもあるかも、と考えを切り替えることはできます。
 
それほどのことが出来ているわけではないのですが、私はやらなくちゃ、でも時間がなくて(腰が重くて、、ともいう)取りかかれなかったことを、今こそやっつけていこうと思って、着手しています。
・オンラインセミナー用の資料づくり
・毎月入稿している先への原稿の書き溜め
・部屋の中でできる筋トレ
・一日一か所掃除
 
 
筋トレについては、もうずっと運動不足を自覚しているので、寝る前にちょっとやっていたのですが、今の外出自粛期間は、今まで以上に気を付けて生活に取り込んでいかないといっそうの運動不足になってしまいます。
 
今の期間だけでなく、この先もずっと、筋トレは必要だろうと思います。武田真治さんは筋肉体操で脚光を浴びていますが、対談番組で話していたことが印象深く残っています。武田さんは「長く健康な肉体を保つことが、最大の老後対策だ」ということを離していました。一生現役であること、稼ぎ続けていくこと。それを可能にするためには、今から心身を鍛えておくということです。身体を鍛えることで、脳が活性化します。ちょっと仕事をして疲れたら、眠るのもよいですが、軽い筋トレをすると、脳に酸素がいきわたるので、脳がリフレッシュします。このモヤモヤ期に、ふと武田真治さんのストイックさを思い出して、自分のやる気のなさを反省したところです。
 
 
ちなみに、武田真治さんの老後対策、というところを切り取って、老後2000万円問題について、お金のがっこう「ファイナンシャルアカデミー」のHP、マネラボにコラムを寄稿しています。掲載中のコラムは、こちらです。

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 自分を鍛えておく期間 感染症拡大防止のための自粛で、できること

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP